公道で車を運転するために必要な免許証ですが、自動運転技術の発達により将来的には免許制度の在り方が大きく変わる可能性があります。しかし、車の免許証はまだまだ必要です。ここでは取得する流れや期間、費用などを説明していきます。

自動車運転免許

自動車運転免許を取得するためには自動車教習所に入校して学科と実技を学び試験に合格する必要があります。免許取得までの流れや気になる卒業までの期間と費用などをこれから説明していくので是非参考にしてください。

かかる費用はいくら?

卒業までの期間は?

教習所の選び方は?

運転免許証の種類

無事に教習所を卒業し運転免許試験場での学科試験も合格。念願の運転免許を取得したとしてもそれで世の中すべての自動車を運転することが出来るかというとそうではありません。ここでは免許の種類や運転できる車両について説明していきます。

第一種運転免許と第二種運転免許の違いは?

大型免許と中型免許って?

特殊免許って?

小型特殊自動車を運転できる

特殊免許には2種類あり、小型特殊免許と大型特殊免許があります。 小型特殊免許とは、公道で小型特殊自動車を運転するのに必要な免許です。小型特殊自動車とは特殊自動車の中で長さが4.7メートル以下、幅が1.7メートル以下、高さが2.8メートル以下で、最高速度が時速15キロ以下の自動車のことです。また、特殊自動車とは特殊な使い道のために特殊な構造になっている自動車のことです。 例えば、アスファルト・フィニッシャやロータリ除雪自動車やフォーク・リフトなどがこれに該当します。もしくは、国土交通大臣が指定している特殊な構造の自動車となります。なお農業で使う車両の場合、最高速度が時速35キロ未満であれば、どの大きさでも小型特殊自動車に該当します。

大型特殊自動車を運転できる

大型特殊免許とは小型特殊免許とは反対に、公道で大型特殊自動車を運転するためのものです。さらに大型特殊免許を持っていれば、大型特殊自動車だけではなく小型特殊自動車や原動機付自転車も運転できます。 大型特殊自動車は長さが12メートル以下、幅が2.5メートル以下、高さが3.8メートル以下の特殊な構造の自動車のことです。最高速度や排気量に制限はありませんが、メーカーの自主規制で最高速度は時速49キロ以下となっています。具体的には、ホイール・ハンマやロード・ローラなどの特殊自動車の中でも、小型特殊自動車以外のもののことを指します。 なお、大型特殊免許は大型特殊自動車を走らせるのに必要な免許であり、工事現場で作業をするために必要な資格は別に必要となるので注意しましょう。例えば、移動式クレーンやフォーク・リフトなどは別途講習を受けなくてはいけません。